化粧下地は肌の保護のためにも必要

もし化粧下地をせずに、直接ファンデーションを肌に付けてしまうとどうなるでしょうか。 洗顔後やお風呂上りに、保湿をして肌に潤いを与えますが、その後にファンデーションを塗ってしまうと、ファンデーションが肌の水分を奪ってしまう結果になるでしょう。 化粧下地は、このようにファンデーションから肌を守る役割と同時に、ファンデーションとの密着度を高めて、肌表面を整えてくれるのです。

その他にも化粧下地は、日焼け止めやカラーコントロールの役割も担いますが、あくまでもオマケみたいなもので、肌の保護が十分になされている化粧下地を選ばないといけないのです。 また化粧下地は、ファンデーションとのラインを合わすことが重要で、全く違う性質のものや色を選んでしまうと、肌色に合わずマッチしないベースメイクになってしまうでしょう。

ですから、ファンデーションとの相性も考えて、化粧下地のテクスチャー選びが必要で、リキッドのファンデーションにはさらっとしたものという風に、組み合わせも考えて下さい。 化粧下地は、ファンデーションを直接肌に触れないようにする役割もあり、肌の保護のためにも塗る必要があるのです。

サイト内メニュー

参考サイト

管理人がいつも見ているサイト

ボックス画像1

乾燥肌の人はクリームタイプの化粧下地を

ボックス画像2

脂性肌の人は液状タイプの化粧下地が良い

ボックス画像3

アトピーの人が化粧下地を選ぶ場合の注意点

ボックス画像4

カバー力の強い化粧下地は毛穴対応に良い

Copyright© 自分の肌質に合った化粧下地を使おう All Rights Reserved.